音のくすり

【音のくすり】瞑想に最適な音楽とは?「ヴォカリーズ」の魅力

Pocket

こんにちは、堀澤麻衣子音楽事務所のアンジーです。

皆さまは、「瞑想」を生活の中に取り入れていますか?

 

私は以前、体調を崩していたとき瞑想することを毎日の習慣にしていました。

健康効果が高く、頭の中もすっきりし、おかげさまで今ではすっかり体調不良を改善することができました!

 

瞑想は、スピリチュアルでもオカルトでもなく科学・医学研究が進んでいる分野で、人生をよりよくするためのツールのひとつです。

 

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、マドンナ、日本では稲盛和夫さんやイチローさんなどが瞑想を実践していることは有名ですよね。

 

世界中の成功者が、瞑想を実践して、ハイパフォーマンスを繰り出していると知れば、

ますます瞑想に興味が湧いてきませんか?!

 

では、瞑想についてご説明していきます。

 

瞑想とは?

 

科学的な根拠から脳波で説明すると・・

ベータ波から心身をリラックスさせ、雑念を消し、脳波をアルファ波にシフト、さらに深いリラックス状態を保つことでθ波が発生すること。

例えば、ウトウトしていながら、それでいて意識がある、とても気持ちの良い状態であったり、音楽に身を任せ、まどろんでいる状態も非常にそれに近い状態です。

 

ハーバード大学メディカルスクールのグレッグ・ジェイコブズ博士の実験によると、

下の画像左の明るい色の部分は、ベータ波の活動を示す。

20分間の瞑想のあと、画像左のようにベータ波の活動の著しい減少が確認された。

この現象は、はじめて瞑想する人でさえ起きることがわかった。

さらに、8週間の瞑想訓練のあとの実験では、ベータ波が減少し、脳波がアルファ波からシータ波に移行することがより顕著に現れた。

 

(参照元:「Calming the mind」http://www.freemeditation.com/articles/2009/09/10/calming-the-mind/(Free Meditation))

 

科学的な実験からも、瞑想は良い脳波に変える働きがあるとわかりましたね。

しかし、この説明では難しくて、何を言っているのかわからないですよね?

 

簡単に言いかえると、瞑想は、

 

【呼吸に集中することで脳をリラックスさせる方法】

 

です。

 

瞑想をすることで得られるメリット

 

・瞑想でストレスを抑制

米国ハーバード大学のマインドフルネスにおける実験では、約2ヶ月のマインドフルネス瞑想(1日平均25分~30分)の体験をした人達に対し、MRIによる瞑想前・瞑想後の左海馬灰白質の厚さが計測されました。 すると海馬部分の灰白質密度の上昇が見られ、また実験参加者達からは「ストレスの軽減が感じられる」という明確な回答が得られたのです。

瞑想は脳の構造を再構築し、恐怖・不安・ストレスから保護してくれるとえる。

(参照:「David Wolfe」https://www.davidwolfe.com/meditation-rebuilds-brains-gray-matter-in-8-weeks/)

 

ストレスは万病の元と言いますから、ストレスが軽減すれば、

身体の状態も、脳の状態も、心の状態も良い状態に変わっていきます!

 

実際に私が約2年瞑想を続けて、こんな効果を実感しました!

 

・イライラしにくくなった

・身体が疲れにくくなった

・五感が研ぎすまされた(音・香り・味・色に敏感になった)

・頭の中がスッキリし、アイディアが湧きやすくなった

・シンクロニシティが起きやすくなった

 

などなど、嬉しいメリットが沢山・・、

私だけではなく、瞑想を実践されている友人達も、これらのメリットには共感していました!

 

「瞑想」にトライ!初心者が直面する壁とは?

 

まず、実感することは、

「無心になることの難しさ」ではないでしょうか?

 

瞑想を始めて、ある程度時間が経つと、次々と雑念が・・。

同時に、「毎日休む間もなく、何かを考えてているのだな」と思い知る機会でもあるのです。

 

現代において、仕事・健康・お金・人間関係に何ら不満を持っていない人などいませんから、湧いてしまうんです、雑念が!(笑)

 

そこで!そんな皆さまに、瞑想モードに入りやすくなるお助けアイテムをお伝えしたいと思います。

 

お助けアイテムとは・・

 

「音楽」です!

 

どんな音楽でもいいわけではなく、「α波の発生を促す音楽」が最適なんです。

 

α波とは、リラックスしたときに出る脳波なので、

雑念が湧く前に、α波の発生を促す音楽を聴いて脳波を誘導してしまえば、

自然と瞑想モードに入っていけるということなんです!

 

「α波の発生を促す音楽」とは?

 

・オルゴール

・自然音(波の音や鳥のさえずりなど)

 

があげられます。

 

また、α波の発生を促す歌手、堀澤麻衣子のCDもおすすめです。

 

堀澤麻衣子の歌声は、自律神経の権威小林弘幸教授の実験により、

歌声を聴いた方のうち、75%以上の方のα波が増加したとの結果がでました。

科学的にも証明された堀澤麻衣子の歌声は、聴くだけで瞑想の世界へといざなってくれそうです。

 

堀澤麻衣子の曲の中でもとくにおすすめなのが、

こちらの曲です。

 

「ひとつの歌」

 

この曲は、歌詞を伴わずに、母音によって、アー、ハーなどと歌う歌唱法(ヴォカリーズ)」で歌われています。

瞑想をする際には、脳への刺激をなるべく少なくすることが大事なので、

歌詞に意識がいかない、歌詞のない曲が最適なのです。

 

こちらからお聴きいただけます↓

https://youtu.be/RTWbGhkkXk0

聴いただけでも、身体の力が抜けてリラックス状態になったことを感じていただけたのではないでしょうか?

 

お助けアイテム「ひとつの歌」があれば、瞑想を毎日の生活に取り入れやすくなります!

「ひとつの歌」を流せば、5分間の上質な瞑想ができてしまいます。

 

堀澤麻衣子のコンサートでは、「瞑想タイム」を設けておりまして、

目を閉じて、生歌で「ひとつの歌」をお聴きいただいております。

これが大変好評で、「歌がはじまってすぐに自然と身体の力が抜けてリラックスできた」

「歌声が身体中の細胞に染み渡る感じがし、無心の時間がおとずれた」

などの感想をいただきました。

 

瞑想初心者の方は、一度コンサートで「生歌瞑想タイム」を体験して頂けたらとおもいます!

以上、【瞑想に最適な音楽「ヴォカリーズ」】をお届けしました!

 

歌手・堀澤麻衣子の「音のくすり」を凝縮した「まいこレター」をお届けします!



ご登録者には、

堀澤麻衣子が長年歌い続けてきた名曲「アメージンググレイス」をプレゼントします。

また、月に一回の「まいこレター」では、堀澤麻衣子の最新の活動状況に加え、

・まいこレター限定!リハや本番での歌唱動画を視聴可能!

・教会や美術館などでのライブ情報についてどこよりも早く入手可能!

・堀澤麻衣子のプライベート写真を公開!

・堀澤麻衣子音楽事務所のスタッフが登場!

などなど、表舞台だけではなく、裏の場面まで見ることができるレターを配信しています。

月に一回、気合を入れて、音楽事務所のスタッフ・アンジーが作成、配信しています。

読むだけで元気になれるまいこレター。

ご登録は以下よりお願いします!

 

 

まいこレターへの登録はこちらから

コメントを残す

*