音のくすり

ヴォカリーズとは?「歌詞のない音楽」の魅力

Pocket

こんにちは!堀澤麻衣子音楽事務所のアンジーです。

今日は「ヴォカリーズ」についてのお話をしたいと思います。

 

「ヴォカリーズ??」「え?なにそれ?」

と思った方も多いのではないでしょうか?

では、「ヴォカリーズとは何か」

というところからご紹介していきます。

ヴォカリーズとは?

Wikipediaより抜粋すると・・・

“ヴォカリーズは、歌詞を伴わずに母音のみによって歌う歌唱法を指す。

とあります。

(参照元:Wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴォカリーズ

 

簡単に言えば、ヴォカリーズとは、

「歌詞を伴わずに、母音によって、アー、ハーなどと歌う歌唱法のこと」

です。

 

歌には、多くの場合、歌詞がありますよね。

一方、歌詞のない歌も様々な場面で聞くことがあります。

例えば、ドラマやゲームのバックミュージックなどなど・・・

具体的に、ヴォカリーズにはどんな曲があるのでしょうか。

 

ヴォカリーズの名曲と言えば・・

以下のような曲が有名です。

・ヴォカリーズ / ラフマニノフ(クラシック)

・北の国から / さだまさし

・夜明けのスキャット(1番のみ)/ 由紀さおり

・Stand Alone/ ドラマ「坂の上の雲」主題歌

聴いていただくとわかると思いますが、

アーとかウーとかの母音で歌唱していて、

歌詞がありません。

 

「北の国から」などは、歌詞がないにも関わらず、

ほとんどの方が、曲を口ずさめるのではないでしょうか。

このように、歌詞を覚える必要がないので、簡単に歌えるのは、ヴォカリーズの魅力のひとつではないでしょうか。

歌詞がない「ヴォカリーズ」の魅力とは?

ヴォカリーズの魅力は、何と言っても、

「歌詞がないこと」

です。

 

歌詞があると、言葉の意味に入り込んでしまいがちになります。

しかし、息づかいだけで発する声「ヴォカリーズ」は、

歌声そのものの良さをダイレクトに感じることができます。

そのため、心象風景にもマッチしやすく、

感動のクライマックスシーンや、回想シーンでよく使われます。

これにより、映画やドラマなどでは重宝されるのです。

 

また、歌詞がないことにより、誰もが口ずさみやすい、という点も魅力です。

象徴的な場面で繰り返し流れるヴォカリーズは、

いつまでも心に残りやすく、また、自分でもそれを気軽に歌うことができます。

これにより、場合によっては、歌詞のある曲よりも、心に残りやすくなることがあります。

 

実は、歌手・堀澤麻衣子は、今までに、

日本やアメリカから、映画・ゲーム・アニメ・ドラマなどの

歌唱依頼をいただき挿入歌を歌ってきました。

 

ヴォカリーズは、歌詞がありません。

その分、抑揚をつけたり、音量を変えたり、または息づかいにとても微妙な調整が必要だったり。

歌詞がない分、高度なテクニックが必要となります。

堀澤麻衣子は、

声の質を七変化させることができるため、

表現する感情や、風景等が、全く違う場面でも、

ひとりの歌手で複数対応することができます。

さらには、ミックスボイス、倍音を出すことができる。

これが堀澤がヴォカリーズを歌う際に重宝され、抜擢される理由のひとつになります。

 

堀澤麻衣子のヴォカリーズトップ3

それでは実際、堀澤が歌うヴォカリーズの曲はどのようなものがあるかをご紹介します。

 

1曲目は、「Breath」です。

http://recochoku.jp/song/S1000889125/

こちらは、2014年に公開された、道端ジェシカさんと門脇麦さん主演のヨガ映画「シャンティー・デイズ」のエンディングテーマとなっています。

映画のラストシーンで、この曲を流しているのですが、このシーンはとても感動的です。

ネタバレになるため書けませんが、ぜひ映画を見ていただき、「なるほど!」と思っていただけたらと思います。

2曲目、そして、3曲目は、メジャーデビュアルバム「Kindred Spirits」から2曲ご紹介します。

 

Rose Hill (堀澤麻衣子「Kindred Spirits」収録曲)

「心を包む、本当に心地よく素晴らしい声」

セリーヌ・ディオンと伊藤由奈のデュエットを実現した、

LA在住プロデューサーのデスライダー高田氏が、

このRose HIllを聞いて漏らした感想です。

3曲目は、プロデューサーのスティーブ・ドーフがとても大切にしている曲です。

 

Stand Alone(堀澤麻衣子「Kindred Spirits」収録曲)

NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」でおなじみの曲を堀澤麻衣子がカバーしました。

堀澤麻衣子のヴォカリーズの世界はいかがでしたでしょうか?

2018年は、アニメ「デルフィニア戦記」の挿入歌を歌唱しました。

今後も、ヴォカリーズでの歌唱予定が増えていきますので、ぜひ映画やCMなどで堀澤の歌声を探してみてくださいね。

 

 

歌手・堀澤麻衣子の「音のくすり」を凝縮した「まいこレター」をお届けします!



ご登録者には、

堀澤麻衣子が長年歌い続けてきた名曲「アメージンググレイス」をプレゼントします。

また、月に一回の「まいこレター」では、堀澤麻衣子の最新の活動状況に加え、

・まいこレター限定!リハや本番での歌唱動画を視聴可能!

・教会や美術館などでのライブ情報についてどこよりも早く入手可能!

・堀澤麻衣子のプライベート写真を公開!

・堀澤麻衣子音楽事務所のスタッフが登場!

などなど、表舞台だけではなく、裏の場面まで見ることができるレターを配信しています。

月に一回、気合を入れて、音楽事務所のスタッフ・アンジーが作成、配信しています。

読むだけで元気になれるまいこレター。

ご登録は以下よりお願いします!

 

 

まいこレターへの登録はこちらから

コメントを残す

*